ローヤルゼリーの働き・危険性・製品効果ランキング

副作用・効果・効能についても解説!

メイン画像
画像

更年期障害に悩むお客さんがローヤルゼリーで回復する

整体治療で来て頂いているお客様で、風邪をひいている訳でもないのに調子が上がらなく今まではなかった、めまいや体の火照りが、でてくるようになったというので、もしかしたら更年期障害かもしれないですよと、アドバイスしました。

お客様はすぐに病院に行ってみて、診断されたのがやはり更年期障害でした。
病院では先生に詳しい事は聞くことが出来なかったということで、わたしの方でいろいろと教えてほしいと、すぐに連絡がありました。

わたしはわかりやすく、女性は40代を超えてくると症状になる人が多くて、ほとんどは女性ホルモンの関係でなってくるのです。
その女性ホルモンとは「エストロゲン」というホルモンで本来分泌される量が減ってくるとなりますよと説明しました。

そのお客様は今はまだ、イライラしたりすることはないのですが、これから出るかも知れないと不安に思っていたのです。
たしかにエストロゲンというのは、生命活動に必要なホルモンですからコントロールできなくなると自律神経もおかしくなってしまいます。
しかし、不安を助長させるのも良くないと思い、わたしは栄養の話をしました。

今後どうしていくとその更年期障害の症状を軽減していくことが出来るのかということを話す事にしたのです。
わたしはわかりやすく、自律神経をまずは整えることが重要になりますから、そこを回復するようなことをやっていきましょうと、アドバイスしました。

以前、師匠である院長から更年期障害にはローヤルゼリーも効果があるという話を聞いていたので、そういう方法もありますよと教えました。

するとそのお客様は、詳しくローヤルゼリーの話を聞いてみたいという事になり、わたしのもとにやってきたのです。
自律神経の事というのは、生活をして行くには不調があるとすぐに体に、なにかしらの信号をだしてくるのですが、ローヤルゼリーにはその自律神経を活性化する為の「アセチルコリン」という物質が含まれているのです。
アミノ酸も豊富に含まれていて女性ホルモンを分泌してくれるのですよと伝えました。

すると、やはり興味があるのでローヤルゼリーを使ってみるとなりました。
ひと月後に整体にやってきたのですが、あれから更年期の状態はどうですかと聞いてみると、ローヤルゼリーを摂り始めてから始めはよく分からなかったのですが、1週間くらい経つ頃に、体の火照りが少しずつ治まってきて症状が楽になってきたというのです。

やはり自律神経の問題があったので、そこがコントロールできるようになったのがよかったのです。
本人は気がついていなかったのですが、実際にはかなり神経質で、いろいろと心配性だったのが、更年期のおかげで更に助長してしまっていたので、しっかりとローヤルゼリーを摂るようになって、心配性な電話が減ったのも事実でした。

本人はイライラも酷い状態にならなかったので、家族にも病気の事は告げずに、変に心配させないでよかったと言っていたのです。
たしかに何かと体の事になると心配になる年齢ですが、こういった栄養療法で解決できるのであれば、お友達にも勧めてみると言う事でした。
なんだか以前よりも明るくなったのも自律神経が改善したおかげでした。

Menu

私が信頼している製品

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像