ローヤルゼリーの働き・危険性・製品効果ランキング

副作用・効果・効能についても解説!

メイン画像
画像

ローヤルゼリーが睡眠を誘導してくれるようになった

人間関係のストレスで、十分な睡眠がとれにくくなり、一時は不眠症の症状で心療内科で睡眠薬を処方してもらっていましたが、薬に頼ってしまうと癖になり、薬が無ければ不安を覚えるようになりました。

あまり薬に依存してはまずいと思い、眠れなくとも睡眠薬を飲まずに我慢すると、いつもと同じ時間に布団に入っても眠る事が出来るのが明け方というような状態が続いてしまいました。
寝不足が続いていると朝起きるのは辛く、一日中体がだるく仕事をこなすのも苦痛になり始めました。

体の不調は精神的な不安定をも誘発するようで、常にイライラしたり、不安になってしまったりと、情緒不安定な日々が続きました。
元々生理は不規則な方で、半月近くも遅れてしまう事も多かったのですが、よりその状態にも拍車がかかるようになり、生理が来ない月も有るほどでした。

このままでは、心身ともに参ってしまうと考えて、心療内科だけではなく、自分自身でも体の不調を改善させる方法を探してみる事にしました。
自律神経のバランスを整えられると言われる成分を中心に探したところ、ローヤルゼリーには睡眠を誘導してくれる効果が有るという事に行きつきました。

勿論薬ではないので、すぐに高い効果を得られないのは分かっていましたが、何とか辛い不眠から抜け出し体という一心でも有りました。
ローヤルゼリーについて調べて行くと、何より効果を得られ易くする為には、品質の高さや鮮度が重要であるという事がわかったので、栄養価が最も高いという春先に採取された物をすぐにフリーズドライして作られているものを取り入れる事にしました。
ローヤルゼリーには、体を作り上げている元と言えるアミノ酸が豊富に含有されていて、幅広い体の不調に効果的に働くものです。

ローヤルゼリーを摂取すれば、他の栄養素のサプリメントが不要になるのではないかと思えるほどに万能な効能を持っています。
その中でも、自律神経を整える力は高く、私が悩んでいる不眠症を改善させる効果を期待出来るものでした。
ローヤルゼリーには、アセチルコリンと呼ばれる成分が入っていて、この成分がストレスにより乱れた自律神経を整えてくれる働きを持っているのです。

その他にも、脳の視床下部の視交叉上核に有る生体時計のバランスを整える効果が有る為に、朝になると目覚め、夜になると自然に眠たくなるというリズムを呼び覚ましてくれるのです。
また、ローヤルゼリー特有の成分で有るデセン酸は、間脳視床下部の働きをサポートするものでもあるそうです。
とても栄養のバランスが取れているもので、含まれているミネラルやビタミンB群などは、ストレスによる神経過敏やイライラなどを抑えてくれる効果あったり、カルシウムなども含まれている事から精神安定が図られ易くなるのです。

調べて行くほどに、私の体と心の不調を全て解決する可能性を秘めているものだという事が分かり、それ以来続けてサプリメントで摂取するようになりました。
サプリメントでも、一日の摂取量が少なくて済む物を探し、糖衣錠に成っている物を選ぶ事で、胃で分解される事無く、しっかりと腸で栄養を吸収できるものを見つける事が出来たので、体調の変化は約1カ月ほど経過した頃から出始めました。
現在では、不眠症にかかった事を忘れられるほどに快眠出来ています。

Menu

私が信頼している製品

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像