ローヤルゼリーの働き・危険性・製品効果ランキング

副作用・効果・効能についても解説!

メイン画像
画像

ローヤルゼリーの過剰摂取による副作用

多くの健康食品においても群を抜いて人気があるのがこのローヤルゼリーです。
このローヤルゼリーははちみつよりも濃く特徴的な甘みや酸味がありほんの少しなめるだけで効果がある優れものです。
私は毎日朝ご飯の前に起きて少ししてから目ざましも兼ねて小さいスパチュラ一杯ぶんだけなめるようにして摂取しています。

これは瓶の物を買うと大抵は付属していて新たに自分で購入する必要はありません。
大抵はこのスパチュラ一杯で一日分の摂取量は足りてしまいますが、もしどうしても疲れを感じるようであればそれ以上に摂取しても問題はありません。
しかし、これはあまり大量に摂取すると軽度の副作用がでるので注意が必要です。
副作用と言っても下痢をしたり鼻血が出る程度なのでそれほど重大なものではありませんが、一応気をつけておきましょう。

また、アレルギー反応がでることがあるので、アレルギー体質の人はローヤルゼリーを使用するとき注意しましょう。
私の場合は、一日の仕事が大変だと分かっている時の朝にこれを少し多くなめたために鼻血が出て仕事を中断し、下痢になってお腹を下して辛い思いをしましたが、頭はものすごくよく働き、疲れもほとんど残りませんでした。

私自身の身体が無理でしたが気持ちの面ではかなりの元気をもらって一日を過ごせました。
どんなサプリメントや健康食品でも過剰摂取は身体に良くないですので程ほどにしておくのが一番でしょう。
鼻血が出てしまうのは血圧が少し上昇し、かつ普段よりも集中できるので鼻の粘膜が耐えきれずに出血してしまったのだそうです。
あまり無理をしないために次からはなめ過ぎないようにしようと思っています。

通常通りになめていればそれだけでしっかりと仕事に生かせるので少し多くなめるのは疲れている時だけにするのが良いでしょう。
下痢になってしまうのは十分にお腹が消化吸収できていないからだそうで、少しずつなめる量を増やしていけば克服する事ができるそうです。
ローヤルゼリーには多くの糖分も含まれているのであまり多く摂取するとその多すぎる糖分でうまく消化できなくなり下痢になってしまうそうです。
私の場合は先にローヤルゼリーをなめていたのでそれからは食後になめるようにしています。

そうすれば多少なめ過ぎても食事で食べたものが緩衝材になってそれほど辛い下痢にはなりにくいのだそうです。
下痢になるのを抑えるためにはしっかりと水分をとるのもよいと私の知人でもある医師が言っていました。
基本的にローヤルゼリーは毒ではないのでいくら摂取しても良いのですが、異常なまでに大量に食べればその余剰分のエネルギーや栄養分はそのまま体外に排泄されるのであまり意味がありません。

本当に健康になりたいのであればしっかりとした食事に加えてプラスアルファとして摂取する事が重要です。
疲れが貯まっている夜などは特に寝る前にも少しなめておくと朝すっきりと起きられるようです。
私自身、本当に疲れてどうしようもない時はなめてから寝ますが、いつもよりは少し朝起きやすいと感じます。

それでも私の場合は根本的に朝が苦手なのでどうしようもないのですが、それでも夜ローヤルゼリーをなめてから寝ると次の日の朝の食欲もたくさんあるのでやはり効果があると実感できます。
頭が寝ていても身体は起きているようで朝の準備等も素早く動けるのでとても良いと思います。
今後も健康にも良いローヤルゼリーを続けてもっと元気な毎日を送りたいと思っています。

Menu

私が信頼している製品

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像