ローヤルゼリーの働き・危険性・製品効果ランキング

副作用・効果・効能についても解説!

メイン画像
画像

日常生活におけるローヤルゼリーと蜂蜜の効果的な摂取方法について

日常生活において、食事だけでは十分に補給し切れない栄養分を効果的に摂取する方法として、サプリメントの摂取が挙げられます。
中でも、美容面から健康面まで幅広く効能が得られるのが「ローヤルゼリー」です。
「ローヤルゼリー」は、女王蜂の特別食と言われているだけあって、栄養価と希少価値の高さが特徴的です。

その為、栄養補助食品業者から販売されている「ローヤルゼリー」のサプリメントは、他のサプリメントと比べると、非常に高価な部類に属します。
しかし、最近では、多くの業者から試供品やサンプル品が提供されていることから、手軽に取り寄せて、容易に比較検討が行えるようになりました。
量に関しては、業者によって2週間分だったり1ヶ月分だったりします。

そこで、実際に数社から試供品やサンプル品を取り寄せて、摂取方法や効能を比較してみました。
取り寄せた商品の何れにも共通して言えるのが、小粒のカプセルに詰め込まれていることです。
カプセルの大きさに関しては、業者毎に微妙な違いがあり、一度に飲む粒数に関係なく、大き目のカプセルは、多少飲み辛く、喉に引っ掛かるような感覚がありました。
カプセルの素材に関しても、業者毎に違いがあり、表面が柔らかく弾力性のあるカプセルは、すんなりと飲み込むことができましたが、表面が固めのカプセルは、飲み込み辛い感覚がありました。

また、水無しでカプセルを飲み込むのは無理でしたので、少し温めのお湯と一緒に飲み込むようにしました。
効能に関しては、短期間での急激な変化は得られませんでしたが、摂取し始めてから1週間程度経過すると、体全体に少しずつ変化を感じるようになりました。
具体的には、「ローヤルゼリー」の効能として、体全体に栄養分が染み渡っているような感覚や、体の芯から手先や足先までじんわりと温まるような感覚を得られました。
ローヤルゼリーは保管方法によってはその効果が落ちてしまう場合があるので、こちらhttp://www.dminternational.biz/の保管方法を参考にしてみてください。

実際に摂取したのは試供品やサンプル品でしたが、中身自体は正規品と全く違いはありませんでしたので、「ローヤルゼリー」のサプリメントは、非常に利用価値が高いという印象を受けました。
「ローヤルゼリー」は、栄養補助食品として有効的と言えますが、普段の食事においても栄養価を高める取り組みが必要不可欠です。
その取り組みの一つとして、料理の材料に「蜂蜜」を取り入れることが挙げられます。

具体的には、料理作りの際、白砂糖の代わりに「蜂蜜」を利用します。
「蜂蜜」は、「ローヤルゼリー」程ではありませんが、非常に栄養価が高いので、ほんの少量であっても、料理の味付けに効能をもたらしてくれます。
つまり、少量であっても、白砂糖以上の栄養価や品の良い甘みを得られます。
「蜂蜜」を取り入れた料理で、割と頻繁に作っているのが、玉子焼きと酢の物です。

「蜂蜜」を混ぜて作った玉子焼きは、口の中に優しい甘みが広がります。
また、焼き上がりも、艶のある黄金色になりますので、見た目の違いも十分に楽しめます。
酢の物は、胡瓜の酢の物を作る機会が非常に多いのですが、白砂糖の代わりに「蜂蜜」を使って味付けすると、甘みを十分に楽しめる上に、後味がさっぱりします。
その他にも、「蜂蜜」は、ホットケーキとの相性も良いですし、粉末状の大麦若葉を溶かした牛乳や豆乳に混ぜて飲んでも十分に美味しく頂けますので、幅広い用途に利用できます。
こちらのサイトhttp://www.ramadasuite-seoul.com/ninni.htmlでローヤルゼリーの効果的な組み合わせを紹介していますので参考にしてみてください。

Menu

私が信頼している製品

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像